夕方の続き

日々の気づきを綴っていきたいと思います。

蟹江一平の歌がプロレベルに上手い!『木蘭の涙』に涙!父親は蟹江敬三?

      2016/09/23

蟹江一平さんを知っていますか?

ドラマ「東京タワー」でオトン役を演じた蟹江敬三さんの息子さんです。

蟹江敬三さんは2014年3月30日、胃ガンのためこの世を去りました。

息子の一平さんも俳優をされていますが、いまいち知名度が低いような気がします。

そんな蟹江一平さんのことを知ってもらうため、色々な情報をまとめていきます!

スポンサーリンク

 

歌上手い、まじで

引用:蟹江 一平 | 芸映プロダクション

俳優としてのお仕事を紹介する前に申し訳ないのですが、

蟹江一平さんについて知っておいて欲しいある特技があります。

実は蟹江一平さん、歌がめちゃくちゃ上手いのです!

公式プロフィールにも趣味は『一人カラオケ』とあります。

2015年7月17日に放送された「今夜復活!歌がうまい王座決定戦」では

見事優勝という成績を残されています。

YOUTUBEで聴いていただけるとわかると思います。

納得の優勝ですね。

 

役者だからなのでしょうか、歌いだした瞬間、

蟹江一平の世界観が広がっていくのが感じられました。

特に決勝戦で選ばれた『木蘭の涙』は凄かったです。

優しくささやくような歌い出しから

力強く感情のこもった歌い方へのグラデーションがとても美しい。

盛り上がりの緩急の付け方も上手いですよね!

司会のヒロミさんも「ちょっと泣きそうになった」と言ってるくらい

心動かされる歌でした!

 

父と息子

スポンサーリンク

父・敬三さん、2013年の12月にガンが見つかり

翌年の3月に亡くなられました。

父の死を前に、最期に「俳優とは、芝居とは」という話を

偉大な先輩である父親の口から語ってもらいたかった一平さん。

しかし、遠回しにきいてはみるものの、そういった話は一切してくれなかったようです。

話の代わりに、年収をきかれた一平さん。

答えると、「まだまだだな」と苦笑いを浮かべながら言われたそうです。

どういった想いでこんな質問をしたのか、今はわからなくなってしまいましたが

俳優や芝居の技術よりも伝えたかった本質だったんじゃないかと思いますね。

 

少年時代の一平さんは、父・敬三さんが悪役を演じていることも多かったことが影響して

いじめを受けていました。

そのため、父親に反抗した時期もあったようです。

しかしあるとき、バッティングセンターで黙々とスイングする父親の背中をみて

一番つらい思いをしているのは父だ』と気付いたのだそうです。

仕事とはいえ、自分のせいで息子がいじめを受けている。

それぐらいの影響を与えるほどの名演だったことの裏返しではありますが、

父親としてこんなにつらい事はないでしょう。

そんな父親の気持ちに気づいた一平さんは、

敬三さんを俳優として、父親として誇りに思っていたそうです。

 

まとめ

2016年5月20日の『歌がうまい王座決定戦』に蟹江一平さんが出演される予定です!

僕のなかでは、また優勝するんじゃないかなーなんて思っていますが、どうでしょうね?

今後にも注目です!

スポンサーリンク

 - 芸能