夕方の続き

日々の気づきを綴っていきたいと思います。

武井壮の食事こそ筋肉を作る基本!?百獣の王の生い立ちやトレーニングとは…

      2016/09/23

武井壮さんといえば!

百獣の王』を自称し、毎日動物と闘いを繰り広げ(脳内で)

現在2万戦無敗という戦績をもつ、とにかくヤバい人です。

ところで武井壮さん、ただのヤバい人ではなく実際かなり凄い人だということを知っていますか?

武井壮さんの経歴とその筋肉を作り上げた食事内容を見てみましょう!

スポンサーリンク

 

輝かしい功績

takeisou1

引用:武井壮の持論 「考えるやつは強い」 - YouTube

生い立ち

多くのスポーツ選手を輩出している修徳中学校・高等学校を経て

神戸学院大学・法学部を卒業されています。

中学時代は野球、高校時代はボクシングをしていました。

元々両親が幼い頃に離婚していて経済的に苦しかった武井さんは

特待生として学費が免除されることを目的に修徳中学校へ進学したのだそうです。

野球部では、「努力しないヤツにはバッティング練習をさせない」という

監督の言葉もあり、猛烈な努力をしていたそう。

監督は勉学もおろそかにしてはならないという考えで、

テストの順位でバッティング練習回数を決めていました。

加えて「成績優秀者は学費全額免除」という制度があったため

勉強にもかなりのウェイトを置いて、成績は常に学年トップだったとか…。

非常に努力家であることがわかるエピソードですよね。

 

スポーツマンとしての経歴

武井壮さんがされていた十種競技とは、

二日間にわけて合計十種の競技を行い、総合点数を競う競技のことです。

競技内容は、

  • 100m
  • 400m
  • 1500m
  • 110mH
  • 走幅跳
  • 走高跳
  • 棒高跳
  • 砲丸投
  • 円盤投
  • やり投

これを二日間で行うのですから、相当にハードな競技であるといえますね。

それゆえ、この十種競技の勝者はキングオブアスリートとも呼ばれているのです。

スポーツマンとして最高の栄誉といっても過言ではないでしょう。

1997年に行われた第81回日本陸上競技選手権大会十種競技。

武井壮さんは、なんと競技歴2年半で優勝を果たしました。

多種目の競技で好記録を残すことができたのは、

武井さんの潜在能力はもちろん、努力家であることも大きかったのだと思います。

 

食事内容が凄い

スポンサーリンク

身体能力が半端じゃないことがわかっていただけたのではないでしょうか。

その彼の身体能力を支える筋肉も、ある食事へのこだわりで生み出されているというのですが

一体どういうことなのでしょうか?

きゅうりは栄養が無いから食べません

武井壮さんは自身のTwitterできゅうりを食べないと公言しているのですが

いわく、

オレはキュウリは食わねえ。。90%以上水分で栄養素が微量。。世界一カロリーの低い果実。。。オレのボディにお前を消化してるヒマはねえ。。食ってもオレの身体は動かねえし強くならねえんだから。。カロリー増やしてから来いや。。

とのこと。

なに言ってんだこの人。

と思うかたもいるかもしれませんが、実際武井さんのつぶやきを見てみると

ほぼ野菜を食べている様子がありません。

どころか9割肉料理です。1割は炭水化物。

 

 

なんで毎度こぶしを突き出しているんでしょうか。

彼にとっては食事すらも闘いであるのかもしれません。

というかマジで肉しか食ってないなこの人…。

こんなにカロリーをとってもあの肉体維持しているということは、

消費カロリーも凄まじいということなのでしょう。

40代の肉体じゃないですもん…。

また、食べる肉の種類にもこだわりがあるようで、

その日酷使した部位が発達している動物の肉を食べるのです。

なに言ってんだこの人。

 

どういうことかというと、

例えば脚に負荷がかかるトレーニングをした場合馬肉を食べる

腕に負荷をかけたならば鶏肉を食べる、といった感じ。

効果があるのか疑問ですが、本人はこの食事のおかげで実際に脚が早くなったらしいです。

学生時代に馬肉を食べ続けて下半身はほとんど馬でできているとか。

 

なに言ってんだこの人。

 

トレーニングの肝はボディコントロール

出典:武井壮オフィシャルブログ「全開武井の動物百番勝負! 目指せ百獣の王 ...

武井壮さんが重要だと考えているトレーニングのひとつに

「自分の頭の中のイメージと、身体が同じ様に動くトレーニング」

というものがあります。

目をつぶって両手を水平にあげた時、普通は右腕と左腕が僅かにズレるのですが、

それを正確にこなすように訓練すると、自分の体を思ったようにコントロールできるようになる、

という理論なのだそうです。

また、手元を見ずに放り投げたボールをキャッチする練習もボディコントロールに役立つそうです。

皆さんも一度試してみてはいかがでしょうか?

めざせ百獣の王。

 

まとめ

凄まじいエネルギーが溢れる武井壮さん。

頑張れ、なんていわれなくとも日々精進を続けていくことでしょう。

百獣の王になる、その日まで…。

 

スポンサーリンク

 - 芸能